37セカンズ

NOW LOADING 公開日:2020年02月07日

配給作品

【スタッフ】
脚本・監督 HIKARI、プロデューサー:山口晋、HIKARI

【キャスト】
佳山明、神野三鈴、板谷由夏、大東駿介、渡辺真起子、熊篠慶彦、萩原みのり、芋生 悠、渋川清彦、宇野祥平、奥野瑛太、石橋静河、尾美としのり 他

【STORY】
23歳の主人公・貴田(たかだ)ユマ。漫画家志望だが、今はゴーストライターで漫画は全て親友が描いたことになっている。両親は小さい時に離婚し、一緒に暮らす母親はユマの世話をすることが生きがい。なぜか息苦しい毎日。生まれてくる時、息をしていなかった37秒間—そのわずかな時間の違いで身体に障害を抱えてしまったユマ。もし、もう少し早く生まれていたら。もし、1秒でも早く呼吸ができていたら・・・・人生は180度違うものになっていた。そう思っていたユマは今、これまで知らなかった未知の世界へと導かれていく。物語は想像を超え、常識と国境をも超えて、ひとりの女性として、人間として、ユマの人生は大きく様変わりするのだった。

               公式サイト

【Point】

37秒—それは、生まれてくるときに息をしていなかった時間。

ユマ23歳、「時を止めていたのは、私でした。」



<ベルリンが熱狂、世界各国の映画祭で賞賛された才能と感性にハリウッドが動き出す。

 2020年を代表する傑作が日本にいよいよ上陸。>

本作は2016年、世界のインディーズ作家の登竜門である「サンダンス映画祭」とNHKが主宰する脚本ワークショップで日本代表作品に選ばれ、映画化へ動き出した。そして2019年3月、世界三大映画祭のひとつ「第69回ベルリン国際映画祭」パノラマ部門でワールドプレミア上映され、世界の観客が熱狂。「パノラマ観客賞」と「国際アートシネマ連盟(CICAE)賞」をW受賞。さらに同年4月には第18回トライベッカ映画祭Viewpoints部門(米ニューヨーク)で北米プレミアされ、9月には第44回トロント国際映画祭でも上映され、大きな話題を集めた。

【関連動画】